自己改革

第37回JA愛媛県大会決議の実践に向けて

組合員とともに愛媛の農業と地域の未来を拓く 創造的自己改革の実践!

 第37回JA愛媛県大会を平成30年12月3日に開催し、「創造的自己改革の実践~組合員とともに愛媛の農業と地域の未来を拓く~」を決議しました。
 JAグループ愛媛は、JAグループの10年後のめざす姿の実現に向けて、平成31年度(令和元年度)からの3ヵ年にわたり、以下の内容に取り組みます。

実践事項

  1. 愛媛農業の復興・さらなる発展に向けた「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」への挑戦
  2. 「地域の活性化」への貢献
  3. 組合員の「アクティブ・メンバーシップ」の確立
  4. 自己改革の実践を支える経営基盤の強化
  5. 「食」「農」「協同組合」にかかる県民理解の醸成

 JA大会は、組合意識の昂揚と、農業協同組合(JAグループ)の共通の意思を決定し、これを内外に表明するとともに、組合組織の発展を図るため、3年ごとに開催しているものです。
 JA愛媛県大会は、昭和23年に第1回を開催し、今大会で37回目を迎えました。

page top