Google
         






JAグループ愛媛の組織図(概要)

単位JAの業務紹介
  現在JAは全国のほとんどの地域で組織されていますが、単位JAのその主な事業や
 活動は次のようなものがあり、専門JAと総合JAの2種類があります。
  専門JAとは、貯金または定期積金の受入の事業を行わず、畜産や園芸、養蚕などに
 関する事業を専門的に行うJAをいい、総合JAとは、いわゆる信用事業と共済事業その
 他の事業と併せ行うJAをいいます。

 1.指導事業
  指導事業は、営農指導と生活指導の2つに大別され、組合員の営農や生活がより
 効果的に行われることを目的にしています。
  直接収益を生み出す事業ではありませんが、販売・購買・信用・共済など、JA各
 事業の要としてすすめられています。

  (1)営農指導
     営農指導は、単に組合員の技術指導を行うだけではなく、地域の農業生産の
    拡大や農用地の有効利用の仕組みづくりなどを通じ、足腰の強い農業経営が
    確立されるよう働きかけ、地域社会の活性化に貢献する農業の展開をめざして
    います。

  (2)生活指導
     生活指導は、組合員の生活活動全般について指導するだけではなく、地域社
    会の生活改善と向上をはかるため、消費、健康、福祉、文化・娯楽などの広範
    な指導活動を行っています。

 2.経済事業
  組合員農家が生産した農畜産物を、農家にかわり販売する。組合員の営農や生活
 に必要な資材や物資を供給する。こんなJAの活動を「JAの経済事業」といいます。
 JAグループではこの経済事業のなかで、農家の生産物を売ることを販売事業、組合員
 の営農や生活に必要な資材・物資を供給することを購買事業と呼んでいます。

  (1)販売事業
     販売事業は、組合員農家の生産した農畜産物を有利に販売するため共同で
    販売する事業です。JAグループの販売事業は、JAが組合員の生産物を買い
    取るのではなく、組合員にかわって販売し、販売に必要な経費を差し引いて組
    合員に販売代金が精算される委託販売方式が中心となっています。

  (2)購買事業
     購買事業は、農業生産に必要な資材と生活に必要な物資を共同購入し、組合
    員に供給する事業です。計画的な大量仕入れによって、安い価格で仕入れ、流
    通経費を節約して、組合員に安くて安全で品質の良い品物を安定的に供給する
    ことを目的としています。 購買事業は、主にあらかじめ予約をとって行う予約購
    買と店舗などで供給する2つの方法がとられています。

 3.信用事業
   信用事業は、組合員からの貯金の受け入れ、生産や生活に必要な資金の貸付、
  為替の取り扱いを主な事業とし、また、手形の割引、債務の保証、国債等の取り扱
  いも行います。
   組合員をはじめ地域の利用者から貯金を受け入れ、これを貸し付けるといった相互
  金融によって営農と生活の改善・向上をはかろうとするのがJAの信用事業で、JAバ
  ンクと呼んでいます。
   JAバンクは、農業専門の金融機関、地域金融機関としての役割の発揮をめざして
  います。

 4.共済事業
   共済事業は、病気やケガ、火災や自然災害などのリスクに備えて、組合員が相互
  扶助の精神で保障し合って、損害を回復し、農業経営と生活の安定をめざそうという
  ものです。
    JA共済が一般の保険会社と異なる点は、組合員とその家族の保障が主流である
  こと、その共済資金が主にJAグループ内に留保され、農林債や公共団体貸付など、
  中・長期の農業関連資金等に活用されていることです。
    JAグループの共済事業をJA共済と呼んでいます。

 5.利用事業
   利用事業は、組合員が個人では持てない施設を共同で設置し、利用する事業
  です。
    共同利用施設は、農業生産施設と生活面の施設の2つに分けられ、主なものに
  次のようなものがあります。

  <農業生産利用施設>
    ○ ライスセンター、カントリーエレベーター、農業倉庫、
      共同選果場、共同育苗施設など
  <生活利用施設>
    ○ 福祉施設、生活センター、冠婚葬祭施設、給油施設など

 6.厚生事業
   厚生事業は、組合員の農業の振興、経済状態の改善及び社会的地位の向上に
  寄与することを目的として、具体的には、医療に関する事業、保健に関する事業、
  老人の福祉に関する事業を行っています。


Copyright(c) 2012 JA Ehime Chuoukai All rigths reserved.